昨日メールアドレスを作っている間、オーナーかなちゃんからLINEでメニューの写真が送られてきた。

がんばっていくつかのメニューを実際に作って盛り付けしてバンバン撮って送られてくる。

しかーーーし!!!!

やっぱり初めてなだけあって、もう少しランチの時に練習しといてもらえばよかったとプチ後悔。でもいろいろ考えて工夫にかなり時間をかけてあることは見て取れる。

第一、出そうとしているメニューの料理がめっちゃ美味しそう!

これは値段が折り合わないのでは・・・・・(心配)

実際の画像がこちら。

 くらーい!しかもこの下に敷いてある板切れはいったい!?

これいらんやろう!?

左右のランチョンマット切れてて継ぎ足し加工できないじゃん!?

上下の空きはいいから横に撮ろうよ~~

しかも手の届かないところにあるような料理。もっと上から撮ろうよ~

角度大事。

やっぱり遠いところにある料理。お皿の下が写っており、影が強すぎる。

食べたさが半減する。

 

オーナーの撮った商品画像の褒めるべきところ

  • 商品とスプーンなどのアイテムの位置やバランスをよく吟味してある
  • 料理の盛り付けや色合いが完璧
  • バックに白い布を敷いて撮影場所をキチンと作ってある
  • ランチョンマットを吟味している

いやスバラシイ!今すぐ食べに行きたくなるこのメニューたち。

お値打ちなのでぜひたくさんのお客様に行ってもらいたいが、何しろ体が弱いからどこまでできるのやら。

 

オーナー撮影の商品画像の残念な部分

  • ライティングが暗い。暗すぎる。
  • 画像補正で継ぎ足しできない難しい柄のランチョンマットに乗っている
  • 画面いっぱいに撮ってあって切り抜きが何もできない遊べない
  • 横から斜めに撮りすぎていて料理の旨味が伝わりにくい
  • 商品が遠い

で、早速ダメ出しを。

「縦じゃなく横に撮って下さい」

「全体を撮ったのと、もっと引いて左右に空きをつくって。こんな感じ(見本送る)」

「もっと上からのショットもお願いします」

 

ランチの時に引きや角度についてだいたいのことは伝えたつもりだったが全然伝わっていなかったと気づく。

しかしその後しばらくして、また再びバンバン写真が送られてきた。

こんどは引きもあるし上からのもあるし、寄ったのもなかなかいいしランチョンマットも広く入っている。

 

「脚立の上に乗るくらい上から撮って。もっと手前に商品置いたほうが角度がつかなくて上から取りやすいです」

けっこう注文が多い。我ながらドSだと自覚せざるを得ない。

でも商品画像はサイトの命だから手を抜く訳にはいかない。

 

「だったら撮りに来いよ」といわれんばかりのダメ出しようだが、なんか根性のある親子でその後もひたすら写真が送られてきた。

疲れただろうな~。

そんな何時間も続けて作業できる体力ないはずなのに。

がんばった!

ごめんねうるさいオバちゃんで(遠い目)

送られてきた写真がコレ↓

 

まぁ、加工しやすくはなったかな?

明日から空き時間にコツコツ修正かけて切り抜いてという作業を施しましょう。

あとはわたしの腕次第か。

 

つづく。